映画『タリナイ』の上映後にゲストとして登壇します

2018年9月15日開催の第18回研究会にて、大川史織編『マーシャル、父の戦場』(みずき書林、2018:https://www.mizukishorin.com/marshall)と、編者である大川さんが監督を務められた映画『タリナイ』(https://www.tarinae.com)をご紹介しました。

戦時下のマーシャルで餓死した日本兵の佐藤冨五郎さんは、死の間際まで日記を綴っていました。それが奇跡的にご遺族のもとに渡り、時を経て、読み解かれる。この書籍と映画は、冨五郎日記が後世に遺らなければ、生まれなかったと言えるでしょう。

映画は2018年9月29日(土)より渋谷アップリンクにて上映開始、好評により11月30日(金)まで期間延長しています(12月1日より横浜シネマリンにて上映)。このたび縁あって、当ウェブサイトの管理人(田中祐介)が、30日の最終日に上映後にゲストとして登壇することになりました:http://www.uplink.co.jp/movie/2018/52198

間際のご案内とはなりますが、みなさまこの機会にぜひ映画をご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です