『日本近代文学』第99集で『日記文化から近代日本を問う』をご紹介頂きました。

『日本近代文学』第99集(2018年11月刊行)にて、田中祐介編『日記文化から近代日本を問う』をご紹介いただきました。竹内瑞穂さん(愛知淑徳大学准教授)によるご紹介です。

「『日記』論とは、これほど多様な領域に開かれているのか。そんな感慨を覚える」「近代日本の日記文化については、近年その『国民教育装置』としての側面が批判的に論じられてきたわけだが、本書はそうした側面にも目配りをしつつ、その枠組みを時に突き抜けてしまう個々の〈書くこと〉への欲望を捉えようとしていく。ここには近代日本で『日記』を綴るということ、さらには〈書くこと〉にはどのような意味と可能性があったのかを問い直す手がかりが溢れているといえるだろう」。

本書の問題意識と狙いを汲み取ってくださり、心より感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です