第26回研究会のご案内

新型コロナ第三波の行末が気になる最近ではありますが、お元気にお過ごしでしょうか。

このたびは12月12日(土)に開催いたします、第26回研究会についてご案内申し上げます。
前回、前々回同様に、今回もZoom(https://zoom.us/jp-jp/meetings.html)によるオンライン開催といたします。

今回はまず、国際基督教大学アジア文化研究所の西田昌之さんにご報告をいただきます。タイ人旅行作家ブンチュワイ・シーサワット(1917-1973)が1951年に出版した旅行記『日本旅行記』を取り上げ、太平洋戦争の開戦直前期の日本滞在における「自己を探す旅」の意味についてご考察くださるとのことです。

続いて年末の特別講演企画として、三人社の山本捷馬さんに、『戦没学徒 林尹夫日記[完全版]―わがいのち月明に燃ゆ―』(三人社、2020、http://3ninsha.com/hayashitadao)について、編集をご担当された立場から、出版に至る経緯と、その際に気づかれた筑摩書房版との日記本文の異同の意味についてお話いただきます。

ご参加いただける場合、お名前とご所属を明記の上、下記アドレスまでご連絡頂ければ幸いです。参加用のURLを設定次第、ご案内いたします:nikkiken.modernjapan(アットマーク)gmail.com(代表:田中祐介・明治学院大学)

師走のご多用の時期とは存じますが、ぜひ奮ってご参加ください。
オンラインながらお目にかかれますことを、心より楽しみにしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「近代日本の日記文化と自己表象」第26回研究会

【開催日時】
 2020年12月12日(土) 13:30-17:30

【開催場所】
Zoomによるオンライン開催

【研究会次第】
 1. 報告と展望(13:30-14:00)
   「近代日本の日記資料データベース」の拡充計画
   国立歴史民俗博物館との共同研究の進捗報告
   朝日新聞からの取材とWeb配信記事
   新刊紹介
   今後の出版計画と研究企画

 2. 研究発表(14:20-15:50)
「歴史の内と外に自己を探す旅 日米開戦前夜を旅したタイ人作家ブンチュワイ・シーサワットの『日本旅行記』から」(西田昌之、国際基督教大学アジア文化研究所研究員)

 3. 特別講演(16:00-17:30)
「戦没学徒兵の日記原文に向き合うこと 『林尹夫日記 完全版』出版経緯とその所感」(山本捷馬、三人社)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です