『日記文化から近代日本を問う』公開書評会(「近代日本の日記文化と自己表象」第15回研究会)のご案内

この度、田中祐介編『日記文化から近代日本を問う』の公開書評会(「近代日本の日記文化と自己表象」第15回研究会)を、3月18日(日)に開催する運びとなりました。

書評会の提題者は、和田敦彦さん(早稲田大学教授)と松薗斉さん(愛知学院大学)がお引き受け下さいました。和田さんは近代日本の読書文化研究、松薗さんは中世日記研究の第一人者です。本書では日記文化を通じて近代日本の「書くこと」を考察しましたが、「読むこと」の研究の立場から、その意義と課題をどう位置づけられるでしょうか。また、近世以前の日記文化との連続と断絶を再考するとき、どのような新たな地平が見出せるでしょうか。お二方の提題ののち、編者と執筆者たちがそれに応答し、続いて来場者全員による総合討論をおこないます。

また、本書の担当編集者である岡田圭介さん(現在は文学通信代表)にもご発言いただきます。広く人文系の学術出版の現況と将来を見据えながら、本書の制作過程と出版物としての狙いについてお話下さる予定です。

初めて研究会にご参加される方も歓迎いたします。どうぞお気軽にご来場ください。印刷物と会場の都合上、事前にご一報頂けると大変ありがたく存じます(nikkiken.modernjapan[アットマーク]gmail.com、代表田中祐介)。

書評会の詳細は下記、ご参照ください。、
当日、会場でお目に掛かることを心より楽しみにしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『日記文化から近代日本を問う』公開書評会(「近代日本の日記文化と自己表象」第15回研究会)

【開催日時】
2018年3月18日(日) 13:30-17:30

【開催場所】
明治学院大学白金キャンパス本館8階、81会議室(予定)

【会次第】(13:30-17:30)
1. 導入の部:『日記文化から近代日本を問う』の概要説明 田中祐介(明治学院大学)
2. 書評の部:
  提題1 和田敦彦(早稲田大学教授)
  提題2 松薗斉(愛知学院大学教授)
  編者と執筆者からの応答
  総合討論
  編集者の立場から 岡田圭介(文学通信代表)

※会の終了後、希望者は懇親会へ

ウェブサイトリニューアルのお知らせ

本サイトは当初、2016年9月に開催した学際シンポジウムの広報用に立ち上げました。その後、研究会の開催案内を中心に更新して参りました。書籍刊行をはじめ情報量が増えたことに鑑み、このたびサイト構成をリニューアルいたしました。各メニューからご利用頂ければ幸いです。投稿記事は「最新情報」のタブからご覧頂けます。