国際シンポジウム”The Main current of Personal Document Study in East Asia: Comparative Perspective on Compressed Modernity”

2017年1月15-18日に韓国の全北大学で開催されたシンポジウム、”The Main current of Personal Document Study in East Asia: Comparative Perspective on Compressed Modernity”にお招き頂き、報告をいたしました。シンポジウムの様子は、「近代日本の日記文化と自己表象」研究会(2017年5月13日)にてご報告する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です