「書くこと」の歴史を問うためにーー研究視座としての「日記文化」の可能性と学際的・国際的連携

『日本近代文学』第96集(2017年5月)の「展望」欄に寄稿した田中祐介「『書くこと』の歴史を問うために——研究視座としての『日記文化』の可能性と学際的・国際的連携」のPDFデータを公開します。2014年度から2016年度にかけての科学研究費助成事業の成果を踏まえ、近代日本の「日記文化」を扱う意義と今後の展望を考察したものです。ご一読頂ければ幸いです(閲覧は下記リンク先から)

「書くこと」の歴史を問うために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です