書評会終了のご報告と次回案内

『日記文化から近代日本を問う』書評会を3月18日(土)に開催し、計25名がご参加下さる盛会となりました。

提題役を務めて下さった和田敦彦さん(早稲田大学教授)と松薗斉さん(愛知学院大学教授)に感謝申し上げます。投げかけて頂いた問いを受け、会場では盛んな議論が交わされ、気づけば終了時刻も近づいていました。会の最後には、担当編集者である岡田圭介さん(文学通信代表)からも、書評会の議論を踏まえてのご感想と今後の展望を語って頂きました。

「史料・モノ・行為」の観点から近代日本の「日記文化」を考察する本書ですが、提題役のお二人からは有難い評価のお言葉を頂きました。それとともに、書評会全体の議論を踏まえ、まだ着手したばかりの主題である「モノ」「行為」としての日記は、今後一層掘り下げる主題であることが痛感されました。加えて書誌データの充実の必要性についてもご指摘を頂き、現在取り組んでいる日記資料データベースの構築作業を推進すべく、その責任を改めて自覚する機会ともなりました。書評会を一つの区切りとして、更なる展開を見据えて研究活動を継続して参ります。本書の問題意識に共鳴して下さる方々、ぜひ今後の活動にご協力ください。

次回研究会(第16回)は、5月19日(土)に開催いたします。詳細は開催の1ヶ月ほど前に当サイトでご案内いたしますので、皆さまどうぞ奮ってご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です