『史学雑誌』127編第5号(2018年6月)の「回顧と展望」で『日記文化から近代日本を問う』が取り上げられました。

『史学雑誌』の127編第5号(2018年6月)「回顧と展望」特集号で田中祐介編『日記文化から近代日本を問う』(笠間書院)を取り上げていただきました。嬉しいことに、近代編の「総説」(真辺将之氏執筆)、「10 メディア」(渡辺桂子氏執筆)の二項に本書が登場します。

「総説」(同誌152頁)では、「私文書にかかわるものとしては、日記を題材にした総合的研究として田中祐介編『日記文化から近代日本を問う』(笠間書院)が出た。学校教育での日記執筆週間の育成や、他国との比較など多様な視角から、歴史学を含む諸分野の研究者が日記を分析している。その分析の多様さからは、日記を読み解く研究者の日記との向き合い方の重要性が逆照射される」と評して頂きました。

「10 メディア」(同誌176頁)では、「読者ー読書文化研究の論点は、田中祐介編『日記文化から近代日本を問う』でも対象を変え共有される。本書は書記文化全体を射程に入れ、史料・モノ・行為としての日記文化を分析、制度的背景や規範性にも切り込み、現時点でのひとつの到達点といえる」と評して頂きました。

どちらも本書の趣旨を汲み取った上での評価を頂き、嬉しいことです。お言葉を励みに、研究活動を促進して参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です